山形県で薬剤師の求人を探す方法と仕事の選び方

薬剤師の資格を保有しており、山形県で薬剤師の仕事を探そうとしている人もいるでしょう。しかし、どのように仕事を探したらよいのかわからなかったり、どのようなことに気を付けて仕事を選んだらよいのかがわからなかったりして困っていませんか。

ここでは、薬剤師の仕事の探し方や仕事を選ぶポイントについて紹介します。

求人広告で仕事を探そう

山形県内で配布されている求人広告を利用して、薬剤師の仕事を探すことができます。求人広告には、山形県内の求人が掲載されているものもあれば、地元の求人だけを集めたものが地域限定で配布されている場合もあります。

そのため、働きたい地域が決まっている場合はその地域の求人情報が掲載されている広告を入手し、仕事を探すのもおすすめです。

広告は、配布される曜日や日にちが決まっている場合も多いです。例えば、より多くの人に広告をみてもらえるよう、土曜や日曜の週末に配布されたり、毎月1日に配布されたりするものもあります。そのため、配布される日程を調べ、なるべく早く入手し、掲載されている仕事を確認するとよいでしょう。

条件の良い案件には、応募や問い合わせが多く、すぐに募集が終了してしまうケースも少なくありません。そのため、気になる案件があった場合は、なるべく早く会社に連絡をするとよいでしょう。他の仕事と迷っている場合は、電話やメールで応募の締め切り日について確認することも大切です。

関連:福島県の本宮市における薬剤師求人の動向と転職対策

求人サイトで仕事を探そう

薬剤師の仕事を探す場合、求人サイトを利用するのもおすすめです。求人サイトであれば、山形県内に住んでいなくても、仕事を探すことができるので便利です。求人サイトは、無料で会員登録できるものも多いので、気軽に利用することができます。

求人サイトによっては、薬剤師の求人情報を豊富に取り扱っているものもあれば、薬剤師のみの求人を掲載しているものもあります。また、条件を絞って検索できるものも多いです。そのため、山形県内の仕事に絞って検索したり、地域を限定して探したりすることもできます。

条件を絞って検索することで、効率よく仕事を探すことが可能です。求人サイトによって、掲載されている情報が異なるため、複数の求人サイトを利用して仕事を探すとよいでしょう。求人サイトで検索する場合は、雇用形態について選択することもできます。

「正社員」「パート」などのチェック項目があるので、チェックして検索をすれば、自分のスタイルに合った仕事の中から探すこともできるので便利です。

職業安定所で仕事を探そう

山形県内の職業安定所に出向き、薬剤師の仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。職員によるヒヤリングを受けることで、希望に合った仕事を紹介してくれます。相談する場合は、自分の希望をできるだけ伝えることが大切です。

例えば、自宅から近い場所で仕事を探したいことを伝えたり、パートとして働きたいことなどを事前に伝えたりするのもよいでしょう。より条件に近い案件をいくつか紹介してくれるケースが多いです。また、その時に希望に合う仕事がない場合は、求人情報が出たときに連絡をくれることもあります。

職業安定所で相談する場合、事前予約できるところもあります。事前予約できれば、順番待ちすることなく、スムーズに受付してもらえるので便利です。そのため、利用する場合は、事前に予約できるかどうか電話で問合せしてみるとよいでしょう。

事前予約できない場合は、比較的混雑しない曜日や時間帯を教えてもらい、空いているときに利用するのがおすすめです。

利便性の良さで選ぼう

薬剤師の仕事を利便性の良さで選ぶことも大切です。例えば、自宅から近い職場を選べば、徒歩や自転車で通勤できるケースも多いです。職場が近ければ、他の人よりも遅い時間に起床したり、出勤前に喫茶店でコーヒーをのんびりと飲んでから出勤したりすることもできます。

また、電車やバスなどの交通機関を利用しないため、乗り遅れたり、到着が遅れたりすることもないため安心です。電車を利用して通勤する人の場合、駅から近い職場を選ぶのもおすすめです。駅から近ければ、仕事が終わったらすぐに電車に乗ることができたり、電車の時刻に合わせて仕事を切り上げたりすることも可能です。

仕事が忙しくて夜遅くまで仕事をしなければならないこともあるでしょう。通勤時間が長いと、疲れた身体を自宅ですぐに休めることができずしっかりと疲れがとれなかったり、終電に間に合わなくて困ったりすることも少なくありません。

通勤時間が身近けれな、すぐに自宅に帰ることができます。また、仕事帰りに近所のジムで運動をしたり習い事をすることもできるので、時間を有効的に使うことができます。そのため、薬剤師の仕事を選ぶ場合は、通勤手段や通勤時間の長さなどを事前に決めておくとよいでしょう。

雇用形態や勤務体系で選ぼう

正社員として薬剤師の仕事をしたいと思っている人もいれば、パートやアルバイトとして仕事をしたいと思っている人もいます。そのため、自分の生活スタイルに合った雇用形態で仕事を選ぶことが大切です。例えば、親がデイサービスへ行っている間の時間を利用してパートとして働きたいと思っている人もいれば、子供が学校へ行っている時間を利用して働きたいと思っている人もいるでしょう。

その場合は、求人の雇用形態がパートであるかどうかしっかりと確認してから仕事を選ぶことが重要です。雇用形態が異なってしまうと、家族の帰宅時間に間に合わず困ることもあるで注意しましょう。勤務体系で選ぶのもよいでしょう。

薬剤師の仕事は、夜勤の伴う仕事の場合もあります。24時間営業の薬局だったり、夜間診療を行っている病院に隣接している調剤薬局に勤務する場合は、夜勤をしなければならいことも多いです。子育てと仕事を両立している人の場合は、夜勤ができないケースも少なくありません。

夜勤があることで、配偶者に負担をかけてしまったり、仕事を続けていくことに悩んだりすることもあるでしょう。そのため、仕事を選ぶ場合は、勤務体系をしっかりと確認し、無理なく働ける仕事を選ぶことが大切です。求人を探す際には、「平日のみ」「夜勤あり」などの情報が記載されている場合も多いので、その都度チェックしながら仕事を探すとよいでしょう。

参考元《薬剤師 求人
https://www.apo-mjob.com/